2021年8月1日日曜日

尊皇攘夷

 7.23 元町原稿、久坂葉子最終回の予定。富士正晴の葉子追悼活動を追う。資料で葉子が生前、知人の新聞記者に竹中郁とのイザコザを語っていることを発見。竹中と葉子の父親は文化人サロンで親交があった。葉子の職の世話もしている。竹中が「VIKING」を批判。父親は葉子に売れない文学活動より結婚を期待、見合いを勧める。富士と竹中にどんな確執があったのか。富士の葉子宛書簡に、「VIKING」での発言・言動などに竹中が良い印象を持っていないのだろう、と書いている。竹中と富士の関係を探る。手がかりないと思っていたら、関西文学に詳しい林哲夫ブログにヒントがあった。

https://sumus2013.exblog.jp/23954952/

 『仮想VIKING50号記念祝賀講演会に於ける演説』(富士正晴記念館、2015年)。富士の講演嫌い。1949年倉敷で竹中と講演会。富士は7分ほどで降壇。竹中が一人で1時間半話した。講演会の詳細は不明で解決しない、何かむずがゆい。同時期の富士随筆に、倉敷の工場を見学したことが記されている。

 7.24 姉孫と図書館おはなし会。今日は落ち着きなく、ウロウロしたり寝っ転がったり。そういう日もある。

 

 7.25 「朝日俳壇」より。

〈梅雨深し本の匂ひにある昭和 (高松市)信里由美子〉

 7.28 早朝、寝床で微睡む私の額を踏む妖怪。飛び起きると、家人の手だった。前日2回目のコロナワクチン接種を受けた私を心配して熱がないか確かめたらしい。やり方が荒っぽい。

 7.30 妹孫生後2ヵ月。ますます飲んで寝て排泄快調。あやすと声を発する。姉孫はマイペース、にぎやかにダダをこねる。ヂヂバカチャンリン。



 NHK大河ドラマ「青天を衝け」の徳川慶喜役好演と聞く。『尊皇攘夷』を読み出す。

 片山杜秀 『尊皇攘夷 水戸学の四百年』 新潮選書 2000円+税


 

〈水戸学は尊皇攘夷の学問である。幕末維新を主導した思想である。しかし尊皇攘夷のうち、うしろの二文字はあとから付け加わったものと考えてよいだろう。〉

 水戸学の開祖は徳川光圀=黄門様。徳川御三家、天下の副将軍(正式な役職ではない)がどうして尊皇思想家になったのか、から話は始まる。光圀の生い立ち、藩が幕府に課せられた役割=負担、当時のアジア大陸の情勢=明から亡命してきた朱舜水の存在、何より大義を重んじる彼の歴史観。佐幕を正義とする「絶対の根拠」を突き詰めると尊皇になった。『大日本史』編纂は二百数十年かかった。

 幕末、水戸藩の沖合にも外国船が出没する。ペリー来航より四半世紀前に領民たちはイギリスの捕鯨船と交流していた。1824年、藤田幽谷の弟子・会沢正志斎が上陸した異国人を取り調べ、来航の真の目的は捕鯨ではなく植民地化、と判断。正志斎は直ちに『新論』を執筆、海防の重要性を説くが、禁書となる。吉田松陰が脱藩して水戸を目指すなど、志士たちが影響を受けた。著者はこの上陸事件こそが幕末の攘夷の原点、と言う。

 ドラマ・映画の黄門様、水戸の納豆、梅、近松の国性爺合戦、天狗党、三島由紀夫……水戸学を多角的に探り、近代日本のナショナリズムを解明する。

(平野)

 

2021年7月22日木曜日

小さな声、光る棚

  7.18 「朝日俳壇」より。

〈立ち読みを咎めぬ店主夏帽子 (日田市)石井かおり〉

 姉孫はママと映画「アンパンマン」。家人が妹孫と留守番してくれるので、知事選挙行って、図書館。

 午後、20日の我が誕生日を前に家族がケーキで祝ってくれる。妹がちょうど赤ん坊を見に来た。姉孫の「ハッピーバースデー」、うれしいヂヂバカちゃんりん68歳。



 7.20 ママと姉孫が誕生日の花、姉孫の手紙も。プレゼントいろいろ、ありがとう。みんななかよく暮らしてちょうだい。

 

 東京荻窪の〈本屋Title〉から本2冊届く。季節の読書案内添えて。



 『山口昌男 本の迷宮』 編集・発行 本の迷宮企画室 

4500円+税

 文化人類学者・山口昌男(19312013年)の蔵書整理時の記録写真。

……その国は書物が住人で、本同士が響きあい、訪ねる者に本が呼びかけてくる。圧倒的な国土、そこでざわめく無数の書物たち。本だけではない。本になる前の原稿・資料、手紙に仮面。そして、書斎で繰り広げられる会話、笑い、全てが渾然一体となって本の宇宙が成立し、山口先生の学問が生成する魅惑的な舞台がそこに広がっていた。〉

 製本手作業、限定100部。

 辻山良雄 『小さな声、光る棚 新刊書店Titleの日常』 

幻冬舎 1600円+税

 毎日本屋の店頭で考えること。お客さん、本、イベント、コロナ禍対応など。

 辻山は新米時代に自分の話す声が小さいことに気づく。元々声が小さいうえ、自分の仕事に自信がなかった、と思う。ある出来事で相手を怒鳴ってしまい、それを境に仕事に対する意識が変わった。書店員としての責任を自覚した。「大きな声はいざというときにとっておけばよい」。

 本にも大きな声の本と小さな声の本がある。自分の店に並んでいる本は声が小さいけれど、それぞれ何ごとかつぶやいている、と思う。

〈誰かの真似ではなく、その人らしく語られたものであれば、人は自然とその声に耳を傾けるようになる。/それは店を続けていくあいだ、わたしのなかに芽生えた信念でもあるが、一冊の本の持つ微かな声を聞き逃さないようにすれば、その店に並ぶ本も光って見えてくる。〉

齋藤陽道撮影の写真掲載。Titleで本書を購入するとそのポストカード特典あり。

(平野)

2021年7月17日土曜日

ちいさな ぬくもり

  7.15 ママと妹孫検診日。家人と姉孫買い物、私は別行動で用事をすませ、全員集合してお茶。妹孫はおへそに絆創膏。

 7.17 ヂヂが妹孫の相手をすると姉孫が怒る。スキを見て、本を置いて写真。ヂヂバカチャンリン。


 

 絵 ディック・ブルーナ  文 森本俊司

『ちいさな ぬくもり  66のおはなし』 BlueSheep 1300円+税

「誕生65周年記念ミッフィー展」を楽しむための副読本。ブルーナの人柄、絵本制作のエピソードなど。ブルーナの暮らしと思い出が絵本になっている。

〈日常のなかからすくいとられたちいさなぬくもりが、そっと注ぎ込まれているのです。〉

 

 紀田順一郎監修 荒俣宏編

『平井呈一 生涯とその作品』 松籟社 2400円+税



 平井呈一(本名程一、19021976年)はラフカディオ・ハーンの翻訳など幻想怪奇文学の分野では知る人ぞ知る存在。愛書家の紀田と荒俣が名を連ねる。

呈一は佐藤春夫、永井荷風に師事するも、女性関係、借金、荷風作品偽筆偽書で破門、文壇から排斥された。

 本書では未発表作品他、随筆、俳句を掲載。呈一の生涯と文学活動を詳細に取材する。

  私はまだ年譜を読んでいるところだが、父親と兄の経歴も興味深い。

父は川上音二郎や尾崎紅葉と関係が深い。和菓子屋(現在も存続する名店)を創業。

双子の兄は家業を継ぎ、父の借財を完済した苦労人。養子に出された呈一と共に河東碧梧桐に入門。芥川龍之介とも親しく、彼の葬儀では葬儀委員長を勤めた。

(平野)

2021年7月13日火曜日

ボロ家の春秋

 7.10 前夜遅くパパ来神。姉孫は早朝からパパにべったり。声の調子もいつもとちがう。ヂヂババは代わりができない。

 ヂヂはおかげで(?)次回の元町原稿に取り掛かれる。

「みなと元町タウンニュース」更新しています。

https://www.kobe-motomachi.or.jp/motomachi-magazine/2021/07/03/townnews347.pdf

 7.11 妹孫、神戸での生活が長くなり、近所の神社でお宮参りすることに。晴れ着の用意なく、ご近所さんがおくるみを貸してくださる。

 晴天、お参り家族多数。妹孫、社務所で待っている時にお尻から大きな音。豪傑。いつもにぎやかな姉孫、今日はおとなしい。えらい。

 朝日新聞に装丁家・イラストレーターの桂川潤訃報。

 


 7.12 特定の本屋さんでしか入手できない本がある。いつ読めるのかわからないけれど注文して、また積ん読が高くなる。

 

■ 梅崎春生 『ボロ家の春秋』 中公文庫 900円+税



 表題作で1955年第32回直木賞受賞。他同賞候補作4篇、随筆4篇。

 梅崎は第一次戦後派のグループだが、作品は戦争体験、犯罪、ユーモア、と多彩。

解説・荻原魚雷。

野呂邦暢のエッセイも掲載。「野呂」のペンネームは梅崎作品の登場人物からだった。

(平野)

2021年7月7日水曜日

梅雨積ん読

 7.3 姉孫と図書館おはなし会。本日はボランティアグループの皆さんによる紙芝居。

 朝日新聞連載小説、池澤夏樹「また会う日まで」の主人公は海軍水路部・秋吉大佐。航行のための測量、天文・気象研究。1941(昭和16)年日米開戦の場面。同年夏、真珠湾攻撃のため山本五十六から周辺海域の潮汐の精密な数字、地形資料を求められる。

永井荷風が同年9月の日記に、国民の間で開戦の噂が広まっていたことを記している。国民は「熱狂」し「興奮」していたが、既に食糧不足。荷風の風流な散歩も食糧調達のためになる。空襲を想定した防空演習は33(昭和8)年から始まっていた。川本三郎「荷風の昭和」(「波」新潮社7月号)より。

424月にはアメリカの爆撃機が本土5都市に爆弾を落としている。池澤「また会う日まで」より。

7.4 「朝日歌壇」より。

〈棚に本積まれ積まれて黴の部屋 (名古屋市)中野ひろみ〉

7.6 かかりつけ医でワクチン接種1回目。当院65歳以上の予約は71日開始だったが、2日神戸市新規受付停止により、現在予約はストップしているそう。政府は接種1100万人達成とか職域接種とか言いながら。

姉孫と接種ごっこ。両腕を6回ずつつねられる。ヂヂバカちゃんりん。

7.7 大雨の七夕。旧暦で会おう織姫彦星。

姉孫はママとたんざくを書いた。「いっぱいたべるよ あそぶよ」。

 絵本は、『うたの絵本6 はる・なつ・あき・ふゆ』初山滋・絵(リブロポート、1985年)

 


 積ん読に雨漏ってくる早う読め (よ)

 


(平野)

 

2021年7月3日土曜日

ユリイカ 安野光雅

 7.1 近所の診療所でコロナワクチン予約。大勢並ぶのかと予想していたけど、案外少ない。今月中に2回接種予定。

 姉孫と遊んではケンカ、そのくり返しで毎日終わるヂヂバカちゃんりん。

 花森書林店頭台で、宮崎修二朗(19222020年)『吉備路』(保育社カラーブックス、1972年)。郷土文学研究者。元々新聞記者、取材に歩く人。岡山の話ながら神戸・兵庫ゆかりの作家が登場。

 


 元町原稿を届けて、本屋さん。探す本3冊、見つけたのは1冊、333厘。

 

 「ユリイカ7月臨時増刊号 総特集*安野光雅――19262020」 青土社 

2200円+税

 「annoさん」 谷川俊太郎

annoさん/あなたはいつもここにいた/私たちの傍らに/私たちの歳月とともに(後略)


 

 7.2 PR誌「ちくま」7月号。前号から連載に加わった蓮實重彦、吉見俊哉に、おなじみ斎藤美奈子、岸本佐知子、穂村弘、鹿島茂、ブレイディみかこ、最果タヒ。小説の恩田陸、窪美澄、ノンフィクション河合香織、お腹いっぱい胸いっぱい。ゲストも多彩。

 同じく「波」7月号、筒井康隆の掌篇(ドタバタじゃない)、北村薫の短篇(「本の小説」)がうれしい。連載の川本三郎荷風評伝も。

 どちらも大きな本屋さんで無料配布してくれるけれど、数に限りがある。定期購読の価値あり。


 

(平野)職場トイレにて。ペーパーはロールの芯のみ。あせる。たまたま持っていたポケットティッシュに助けられる。捨てる紙あり、助けてくれる紙あり。ウンが良い。

2021年6月29日火曜日

あしながおじさん

 6.26 妹孫はどんどん大きくなる感じ。抱っこするとズシリと重くなった。私の抱っこでは泣き止まない。すぐにママか家人に代わる。

 姉孫と図書館、私は3冊返却。彼女は1冊返して1冊借りる。催事の案内をもらって帰って、よく見ると今日は読み聞かせイベントの日。午後からもう一度行く。お姉さんふたりが3冊ずつ読んでくださった。

 6.27 元町原稿やらないといけないけど、姉孫がキーボード叩きに来る。起きている時間にするヂヂが悪いのだが。彼女は私を「ジイジ」という名のおもちゃと思っているらしい。

「朝日歌壇」より。

〈貯蓄無き頭脳に知恵を借りるため図書館といふ銀行へ行く (村上市)鈴木正芳〉

〈「知のバトン」は少しおおげさ おさがりをもらう感じで古本を買う (高岡市)池田典恵〉

 他にも『はらぺこあおむし』エリック・カールを悼む歌、複数あり。

 6.28 垂水区「流泉書房」、SNSで毎日書評・今日は何の日。逢坂さん。

https://www.kobe-np.co.jp/news/kobe/202106/0014453023.shtml

 6.29 妹孫は生後1ヵ月。抱っこすると笑っている、ように見える。

ながめのヒモをさがして姉孫とでんしゃごっこ。そとでやるのははずかしい。ろじのでぐちまで。ヂヂバカちゃんりん。

 ジーン・ウェブスター作 谷川俊太郎訳 安野光雅

『あしながおじさん』 朝日出版社 2018年刊 2200円+税



 なんでいまさらヂヂが『あしながおじさん』を読むのか。

 谷川俊太郎が安野光雅追悼記事で、共作した本から3冊を並べた。そのうちの1冊。あと2冊は、絵本『あけるな』(銀河社、1976年)と小学1年生国語教科書私案『にほんご』(福音館書店、1979年)。

未読だった。大学生とは知らなかった。

谷川 ……〈あしながおじさん〉とあだ名をつけたその男が大金持ちじゃなかったら、そして毎月ジルーシャの書くのが型通りのお礼の手紙に過ぎなかったら、ハッピーエンドに違いないと思いながらも、読み始めたら止まらないこのスリリングな物語は、決して成立しなかったでしょう。

 安野 孤児院にいたという経歴は、日本ではあまり自慢にはしない。ところがアメリカでは誇りにさえおもうらしい。『赤毛のアン』でそれはわかる。(中略)あしながおじさんでも、いじけていないで言うべきことは言う。これが快感に聞こえるからふしぎである。

〈自分が何者なのかわからないっていうのは、ほんとにひどくへんなもの――ぞくぞくしてきて、ロマンティックで。可能性がいっぱいあります。もしかするとわたしはアメリカ人じゃないかもしれない。そうじゃない人はたくさんいます。わたしは古代ローマ人の直系の子孫かもしれないし、海賊のむすめかもしれないし、ロシアの亡命者の子どもで、ほんとはシベリアの監獄にいるべき身かもしれないし、もしかするとジプシーかも――きっとそうだと思うわ。すごく放浪性があるんだもの、まだそれをじゅうぶん発揮するチャンスにはめぐまれていないけれど。〉

(平野)