2018年11月13日火曜日

清水町先生


 小沼丹 『清水町先生 井伏鱒二氏のこと』 
筑摩書房 1992
ちくま文庫 680円+税 976月第1刷(私のは201592刷)



 小沼丹(191896年)、小説家、英文学者。今年は生誕100年で、幻戯書房が未刊行作品集や随筆を出版している。
 小沼が高校時代に愛読する井伏に作品を贈ると、感想のはがきが届いた。大学生になって思い切って荻窪清水町の井伏宅を訪問、師と仰ぐ。
 小沼が朝早く訪ねると、師は原稿を書かないといけないと言う。すぐ帰ろうとすると、まあお茶ぐらいと言われる。師は将棋盤を出してくる。ちょっとだけやろう、から延々。師は「原稿なんて、いいんだ」となる。勝つまでやる、トータルで勝つまで続く。師は体力がある。小沼はふらふらになって帰る。
 小沼は釣りをしないが、師のそばで見学。1尾も釣れないこともある。名人でも釣れないことがあるんですか、と訊く。
――うん、魚には人間を見る眼があるからね、君が傍にゐると寄つて来ない」

旅の思い出、酒、太宰治のことなど、師の人となりをあたたかく語る。
 函、文庫カバーはともに生井巖の描く「むべ」。あけびに似た実ができるそう。師からもらった苗を育てる。師に葉は何枚になったかと訊かれたが、小沼は答えられない。師は嘆かわしいという顔、小沼は憮然。葉は3枚、5枚、7枚と出る、七・五・三でめでたいから植えると教えてくれる。家に帰って見ると4枚葉があった。師に報告すると、「井伏さんは眼をぱちぱちさせた」。
(平野)
 先月単行本を持っているのを忘れて(気づかず)文庫を買ってしまった。単行本も同じ古本屋さんで買ったはず。単行本は古本、文庫は新刊(ここは気に入った新刊書を出版社から直仕入している)。岩波文庫復刊の『井伏詩集』を見つけて、店主と井伏の話。店主が以前井伏宅を探して荻窪を歩き回った話を聞いた。「ほな、ついでにこれも」、と記憶する。どちらも美しい本だからいいではないか。しかし、なあ、と思うオオボケ。
 文庫解説は庄野潤三。
 
 ヨソサマのイベント
 神戸・もとまち古本市
1115日(木)~1216日(日)
10001730(最終日は1600まで)
こうべまちづくり会館1

参加店舗 
おくだ書店 カラト書房神戸北支店 口笛文庫 サンコウ書店 清泉堂倉地書店 トンカ書店 ブックスカルボ

2018年11月6日火曜日

小村雪岱挿繪集


 『小村雪岱挿繪集』 真田幸治編 幻戯書房 3500円+税

 
 雪岱は本の装幀、挿絵、舞台美術、商業広告で活躍した。本書は挿絵に注目。

〈挿絵画家としての小村雪岱。/雪岱の名前が現代にも残る大きな理由の一つが、その挿絵にあることに依存はないのではないか。〝雪岱調〟という言葉で表現されるその画風には、時代が変わっても風化しない強さと美意識がともなっている。〉

 雪岱は泉鏡花に信頼され、多くの装幀を任された。鏡花の文学仲間、久保田万太郎や里見弴らの装幀も手がけた。挿絵も鏡花の縁で、長田幹彦「春の波」(「をとめ」創刊号、千草館、大正5年・1916年)が最初(現在確認できるもの)。昭和初期、新聞連載の時代小説が流行し、邦枝完二、長谷川伸、吉川英治らの作品に描いた。

挿絵は新聞連載他、雑誌も大衆誌から文芸誌、女性誌と、膨大な量。編者は10数年調査・研究を続けた。本書は、初期から「雪岱調」確立期、成熟期まで時代順に構成する。

 表紙カバーの絵は、鈴木彦次郎「両国梶之助」挿絵より。幕末から明治の人気力士をモデルにした小説、「都新聞」(昭和1314年・193839年)連載。鈴木は川端康成ら新感覚派のグループ、後に大衆小説に転じた。

(平野)江戸情緒、凛とした女性、殺陣、雨、川の流れ……、静と動を白黒の線で表現。
 前回紹介の『水の匂いがするようだ』について、書名の説明を忘れている。『黒い雨』も水、魚が重要なモチーフ。8.15、玉音放送が始まるが、主人公重松は用水溝の綺麗な水を遡ってくる鰻の稚魚の群れを見つける。「やあ、のぼるのぼる。水の匂いがするようだ。」

2018年11月5日月曜日

水の匂いがするようだ


 野崎歓 『水の匂いがするようだ  井伏鱒二のほうへ』 
集英社 2200円+税

フランス文学者による「井伏鱒二論」。井伏の多様で豊かな文学世界を紹介。魚、水、翻訳、架空、旅、戦争、骨董などをキーワードに、井伏文学の面白さ・愉しさを教えてくれる。

〈多様というのは、作品の扱う時代も(中世から現代まで)、空間的な距離も(ジョン万次郎や漂民宇三郎ら、世界の果てまで流れていく主人公たち)、そしてジャンルも(短編、長編、詩、エッセー、童話、翻訳、偽の翻訳、史伝、風物誌、さらにSFまで)、目覚しい広がりを見せるのである。九十五歳まで生きた作家は、たえず新たな挑戦をしていた。しかもどの時期をとっても、作品からは変わらない懐かしい声が聞こえてくる。いつも飄々としてユーモラスな、とぼけた調子である。ところが、そのおとぼけの裏には揺るがぬ意志と、粘り強い精神のはたらきが隠されていた。貧乏暮らしや軍国主義の圧迫に耐え、戦後の狂奔する社会の動きに流されることもなく、自らの作法を守り続けた井伏の仕事は、何と柔らかによくしなう抵抗の軌跡を描き出していることだろう。〉
 
目次
1 魚を尊ぶひとの芸術
2 鱒二は修業中です
3 ドクトル・イブセ
4 架空の日記の謎
5 こころ悩めば旅にいでよ
6 戦場のドクトル・イブセ
7 水のほとりは命のただ中
8 田園に帰る
あとがき

 井伏の本名は「満寿二」。筆名にあてた「鱒」は魚を尊ぶと書く。
 太宰治が桜上水で心中した後、井伏はますます釣りに興味を持つようになった。

……水中に落ちたなら人は呼吸を止めるほかない。その意味では水はまぎれもなく死の圏域である。(中略)水の中の魚の生こそうらやむべきものである。その生に触れ、その輝きをつかの間我が物とする手段が釣りなのである。しかし残された者として井伏は、死への抵抗を自分なりに試みるほかなかった。水中の生に親しみ魚を尊ぶことは、太宰の死を超えて自らを活かすことだった。〉

(平野)
ヨソサマのイベント

 横溝正史先生 生誕地碑建立14周年記念イベント
講演 日下三蔵(探偵小説研究家)
『横溝正史ミステリ短篇コレクション』(柏書房)を編集して 

日時 1110日(土) 1400より

会場 東川崎地域福祉センター(神戸市中央区東川崎町5-1-1)

問い合わせ 神戸探偵小説愛好會 野村恒彦さん 
noranekoportnet.ne.JP

 WAKKUN作品展 「月舟」

日時 112日(金)~12日〈月〉 12001900 
7日休み、最終日1800まで)

会場 GALLERY301(神戸市中央区栄町通1-1-9 東方ビル301078-393-2808

2018年10月30日火曜日

くとうてんイベント


(株)くとうてん協力&主催イベント
 海を照らす仕事 海上保安庁展2018 


日時 1016日~1125日 月曜日休館
10001700(入館は1630まで)
会場 神戸海洋博物館
入館料 大人600円 小・中学生250


11.4(日)13001600 
講演「灯台の魅力と楽しみ方」 不動まゆうさん

青山大介鳥瞰図展 2018

日時 113日(土)4日(日)9日(金)10日(土)11日(日)
100018003日と10日は1645まで)
会場 マンダリンパレス宴会場
同時開催 祖父の写真で見る昭和の神戸、三宮、生田前

3日・4日には おかんアート展とハンドメイド展もあります。

 
10日(土)17001900 
トークイベント 鳥瞰図絵師・青山大介 都市を見る目
資料代500円要

くれぐれも開催日・時間にご注意を。

(平野)《ほんまにWEB》「奥のおじさん」更新。

2018年10月28日日曜日

やちまたの人


 涸沢純平 『やちまたの人 編集工房ノア著者追悼記続』 
編集工房ノア 2000円+税
 
 

 涸沢は大阪の文学・詩専門出版社社主、1975年創業。ゆかりの文人たちを追悼した文章をまとめる。昨年刊行の『遅れ時計の詩人』に続いて2冊目。本書は2006年から2017年まで。この間、川崎彰彦、杉山平一、大谷晃一、伊勢田史郎、鶴見俊輔、庄野至ら25名の著者が鬼籍に入った。出版の喜びがあり、著者・家族との熱い交わりがあり、追悼記執筆という苦行がある。
 年少の友も見送った。三輪正道は181月胃がんのため死去。ノアから著書5冊出版。

〈最後の別れでは、一人ひとりが三輪正道の口唇に酒を含ませた。/棺の中、痩せてはいたが病みおとろえた感じはなく、ねむっているようにも見えた。充分若さが残っていた。(中略)/「ぶんがくがすき」「酒がすき」、すさまじきものは宮仕えと言いながら、読むこと書くことを習慣とし、五冊の著書を残していった男の顔、を改めて見た。作家の顔をしていると思った。〉

 書名は、足立巻一(191385年)『人の世やちまた』(同社、1985年)から。江戸時代の文法学者・本居春庭の評伝『やちまた』(河出書房新社、1974年。現在は中公文庫で読める)他著書多数。春庭は動詞の活用を研究、「詞の八衢(ことばのやちまた)」を著した。「やちまた」とは道がいくつにも別れる場所のこと。足立は、人生そのものがやちまた、人のつながりも分かれながらつながっている、と書いた。

 涸沢は、著者たち読者たち、すべての『やちまた』に感謝、を述べる。

(平野)

2018年10月23日火曜日

怠惰の美徳


 梅崎春生 『怠惰の美徳』 荻原魚雷編 中公文庫 
900円+税

 梅崎春生(191565年)、福岡市生まれ、小説家。野間宏、埴谷雄高、椎名麟三、武田泰淳らと並ぶ「第一次戦後派」のひとりだが、遠藤周作ら「第三の新人」との親交も深い。54年、『ボロ家の春秋』で直木賞。
 本書は、自らを怠け者と綴る詩、随筆と短篇小説収録。

「三十二歳」
三十二歳になったというのに/まだ こんなことをしている//二畳の部屋に 寝起きして/小説を書くなどと力んでいるが/ろくな文章も書けないくせに/年若い新進作家の悪口ばかり云っている(後略)

 戦後まもなくのことを詠った詩、初出は死後。結婚できず、外食券食堂で飯を食い、ぼんやり空を見上げ、酔って裸で踊る。
 その32歳(数え年)で「桜島」を発表し、文壇デビュー。暗号兵は米軍上陸に備える桜島に転勤が決まる。出発前夜、妓楼で片耳のない女と過ごす。

……あなたは戦うのね。戦って死ぬのね。どうやって死ぬの。……いやなこと、聞くな。お互いに、不幸な話は止そう。……わたし不幸よ、不幸だわ。……

 同じく死後に発表された「己を語る」で、好きなものは、酩酊と無為、と書く。戦前の役人生活でも自主的に怠けていた、仕事がさし迫ってくると怠けた。仕事があるから怠けるのだ、と開き直る。

「怠惰の美徳」の題で文章を依頼された。著名な評論家が梅崎を「ナマケモノ」と書いたからそんな注文がきた。本当は「閑人」と書かれたのだった。

〈ナマケモノと閑人とは大いに違う。どうも変だと思った。私自身にしても、ナマケモノといわれるより、閑人と言われる方が気持がいい。私は「閑人の美徳」という文章を書くべきであったようだ。〉
 と書きつつ、堂々と自らを「怠け者」と言う。世間は「怠け者」に厳しい。怠けていたら必然的に貧乏になる。他人の邪魔をしないが、自分も邪魔されたくない。親分にならないし子分にもならない。群れない。怠惰であることの矜持がある。

 解説の荻原は梅崎の小説に心を摑まれ、「自分のための文学」と思う。洞察力鋭く、それをユーモアで包んでいる、と言う。

〈「怠け者」だからこそ、社会にうまく適応できず、規則通りに動いているかのようにおもえる世の中のおかしさを見抜くことができた。とくに人間の本能、あるいは理性や知性の脆さにすごく敏感だ。(後略)〉(荻原)

(平野)
 私は怠け者というよりグウタラである。しょっちゅう家人にケツを叩かれて、何回かに一度動く。
《ほんまにWEB》「海文堂のお道具箱」更新。

2018年10月21日日曜日

井伏鱒二全詩集


 『井伏鱒二全詩集』 岩波文庫 600円+税

 岩波文庫夏の一括重版の1冊(同文庫初版は2004年)。神戸の新刊本屋さんでは売り切れていた。筑摩版『厄除け詩集』を持っているので、まあいいかと思っていたら、大阪堂島の古本屋《本は人生のおやつです!!》で見つけた。店主は新刊も直接出版社に交渉して仕入れている。

 井伏の詩は、漢詩の翻訳、〈……「サヨナラ」ダケガ人生ダ〉などで知られる。
 はじめて読んだとき、「懐君属秋夜 散歩咏涼天」の訳は意味がわからなかった。
「ケンチコヒシヤヨサムノバンニ アチラコチラデブンガクカタル」

 後に、「ケンチ」が親友中島健蔵のことで、彼の体調を気遣っていたと知って、驚いた。

 
 本書には筑摩版に収録されていない作品21篇あり。1923年「土井浦二」名の作品も。

「小魚の群れ(こうをのむれ)」
或る日の雨のはれま、/路の上に竹の皮の包がおち、/なかからつくだにがこぼれ出た。(後略)
 いろいろ解釈ができるだろう。生と死、大量の死体、残された者の悲しみ……1925年、この作品は改稿、「つくだ煮の小魚」に。

 井伏の漢詩訳には参考書があるという調査研究があって、本書解説者はそのことを考察、井伏訳の自由大胆、推敲の苦心を読み取っている。参考書については、井伏自身も父親のノートの存在(江戸時代の俳諧師による和訳を抜き書き)を語っている。

(平野)《本おや!!》のフェアは「本のヌード展」、〝脱がすとすごい本の古本市〟を同時開催(ともに10.20で終了)。本の装丁や函やカバーと本体表紙のギャップ、装丁家の工夫(いたずら)に着目して、出版関係者たちが選書・出品。 

 《ほんまにWEB》「しろやぎ、くろやぎ往復書簡」更新しています。