2018年12月6日木曜日

〈異〉なる関西


 『〈()〉なる関西』 日本近代文学会関西支部編集委員会編 田畑書店 2800円+税

 同委員会が企画したシンポジウム「《異》なる関西――1920.30年代を中心として――」(201517年、全4回)をまとめたもの。

〈この連続企画のねらいは、(一)一九二〇・三〇年代の「関西」に育まれた文芸文化を主たる対象に、(二)埋もれた歴史資料や文化資源を発掘しつつ、(三)人・メディア・社会現象などの関係性を、横断的かつ立体的に再構成することで、(四)人々がイメージしてきた「関西」イメージや認識の枠組みを根本から問い直すことにあった。つまり、「〈異〉なる」関西〉とは、既成の「関西」表象を差()化し、更新しようとする試みだったといえる。〉

 関西と言っても、地理的な「関西」を指す場合があるし、明治維新・遷都による東京中心の政治・経済・文化に対抗する「関西」がある。
 
……両大戦に挟まれた一九二〇・三〇年代の日本は、関東大震災による甚大な被害にもかかわらず、世界規模の経済変動を背景に、急激な産業化・都市化を推し進め、それに伴う社会基盤の変化は、そこに住む人々の生存の条件を根本的に変えていった。こうした社会変動は、「関西」においてはいっそう顕著で、当時、「東洋のマンチェスター」と呼ばれていた大阪が、市域を拡大して東洋一の「大大阪」を形成し、一九二五年に「大大阪記念博覧会」を開催したことは、それを象徴する出来事だったといえる。(後略)〉

「関西」文芸文化の多様な表現者たち、「関西」という場から起きた運動、発信したメディア、その読者など、様々な視点から「関西」を捉える論考の数々。

目次
第一章 移動と差異化  織田作之助と川島雄三(酒井隆史) 〈大阪人〉の視差――直木三十五「五代友厚」をめぐって(尾崎名津子)他

第二章 場と営み  宣言としての言葉をどう再読するか――関西沖縄県人会機関誌『同胞』を読む(冨山一郎)他

第三章 メディアと文化環境  神戸モダニズム空間の〈奥行き・広がり・死角〉をめぐる若干の考察(大橋毅彦)他

第四章 散種されるモダニズム  「理想住宅」と「煌ける城」――一九二〇年代・阪神間の建築表象をめぐって(高木彬) 複数の神戸を散歩すること――横溝正史『路傍の人』のモダニズム(山口直孝)他

 神戸関連では他に、賀川豊彦と労働運動、『大阪朝日新聞神戸版』、及川英雄。詩人・季村敏夫さんのコラムもあり。

(平野)私が思いつくのは、東京に負けへんで~というコンプレックスとか、おもろいおっちゃん・おばちゃんとか、お笑い、阪神タイガース、コテコテの人情。でもね、京都、大阪、兵庫・神戸、奈良、和歌山、それぞれ風土が違うし、そのなかでも地域によって特色がある。「上方文化」と言っても、京都は別格みたいだし。「関西」でくくれない。
 Books隆文堂・鈴木さんの紹介で本書を知った。

●ヨソサマのイベント
 ギャラリー島田 本年最後の展覧会
12.8(土)~12.19(水) 11001800 最終日は1600まで

 林哲夫作品展:父の仕事場 
〈近作油彩画、コラージュ、ブックアート、そして、父の仕事場にあったオブジェたち。〉
 
 

 40周年のしめくくりに――蝙蝠料理エトセトラ――
〈40年の歴史をコレクション・画像・写真・資料で様々に振り返る展示とともに、スタッフが蝙蝠を自在に料理するイベントを企画します。レシピの詳細はお楽しみに。〉
 
 

 トーク会など有料イベントもあり。詳しくはこちら。
http://gallery-shimada.com/

平野註、「蝙蝠」とは島田社長のこと。

2018年12月4日火曜日

編集者 漱石


 長谷川郁夫 『編集者 漱石』 新潮社 3500円+税
 
 夏目漱石の多方面に渡る活動について、出久根達郎は「七つの顔」(『七つの顔の漱石』晶文社、2013年)と表現、その素顔を紹介している。小説家、教師、英文学者、詩人・俳人、美術評論家・装幀家、スポーツマン、市井の人。
 長谷川は編集者・漱石に着目する。正岡子規亡き後の『ホトトギス』支援、朝日新聞専属作家として連載をしながら文藝欄創設、弟子たち・新人それに文学的立場の異なる作家登用、著書の装幀など。
 子規の影響は大きい。

〈漱石が頭脳明敏で、独創的な文学者であり、しかも倫理的な人格者であったことは言を俟たない。ただ驚かされるのは、十二年の文学生活があたかも子規の経験の繰り返しであるかのように印象されたことである。(中略、特定のメディアと深く関わったこと、若い人たちの集まる会、など類似)子規が俳句・短歌を革新し、写生文を提唱、書ける(、、、)散文へと大きな一歩踏み出そうとしたことは知られる通りだが、漱石もまた明治文学旧態刷新して、現代小説のために新たな可能性切りいたのである。

 漱石が読者からの批判的手紙に返信、そこに「新らしい真」という表現がある。漱石の自負である。

……「真」の一語が人間的真実を指すのか文学的リアリティーをいうのかは定かではないものの、いずれにせよ、たしかに漱石は「新らしい真」を表現することで、自然主義文学全盛の時代をくぐり抜け、私小説が文壇の主流となるのに抗して、風俗小説とは異なる知識人の文学の有り様を示したのだと言える。〉

 明治36年から37年、短歌・俳句の子規、文芸評論の高山樗牛、小説では尾崎紅葉、斎藤緑雨が続いて亡くなる。新しい作家たちが台頭してくるなかで、漱石は当時の社会、人間の苦悩をテーマに新聞紙上で長篇小説を書き続けた。
 長谷川はこう考える。

……ただ一筋、「新らしい真」を自身の照準としたのだと考えられる。それなら、と思う。発表形式の制約までを考慮した制作意図そのものが編集感覚の発現であり、創作はすべて編集機能の発揮ではなかったか、と。編集という、時代を明敏に読み取るはたらきを思うのである。〉

 長谷川も文芸書編集者。編集の仕事の「悲喜劇」を知っている。他人の一生を左右する「全人格を賭した行為」である。

〈……それは、褒められることを求めつづけた漱石自身が誰れよりもふかく知るところであった。見抜くこと、褒めることのさを、である。〉

 漱石臨終の1時間ほど前、虚子が見舞った。昏睡状態のなか漱石は「有難う」と応えた。漱石文人生活のスタートには虚子がいた。
 長谷川は漱石が登用した人たちをあげ、結ぶ。

〈末期の眼に、寺田寅彦、橋口五葉、鈴木三重吉、野上彌生子、中勘助、芥川龍之介、また和辻哲郎、岡本一平らがそれぞれの「未来」において活躍する姿が捉えられていた。武者小路実篤、志賀直哉、谷崎潤一郎らを加えて新時代の文学の全体像が鮮明に浮かんでいたと想像される。やがて、あの味噌っ滓・内田百閒が「夢十夜」の延長線上に、幻想文学に「新らしい真」を発見し、のちには法政大学での教え子たちを集めて、摩阿陀会で怪気焔をあげることになるだろう。/漱石から放出された胞子が、いまもなお、消滅することはないと信じたい。〉

(平野)いまさらながら文人生活が12年だったとは。それにしても、一部弟子たちの甘えたぶりはちと情けない。漱石の「狂気」に惹かれた芥川、療養中の漱石に揮毫させる瀧田樗陰の図々しさなどなど、読みどころがいっぱい。
 写真、一筆箋(日本近代文学館)の絵は、中村不折『吾輩は猫である』の挿絵。

2018年12月2日日曜日

神戸 闇市からの復興


 村上しほり 
『神戸 闇市からの復興  占領下にせめぎあう都市空間』 
慶應義塾大学出版会 4200円+税



 著者は1987年生まれ、神戸育ち。神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究員、都市史・建築史。

目次

序章 海港都市・神戸をめぐるせめぎあい

第一部 戦災と占領――近代都市の戦後  第一章 海港都市の近代化  第二章 戦災と復興の初動  第三章 GHQによる神戸の占領政策

第二部 GHQ占領下の闇市  第四章 闇市の生成と変容――三宮・元町・湊川新開地  第五章 記録・表象にみる闇市

第三部 闇市からの復興  第六章 在日朝鮮人のサバイバル――三宮国際マーケット  第七章 業者の台所  第八章 轟音直下のマーケット――鉄道高架下のふたつの店街  第九章 引揚者の拠り所―湊川公園商店街  第十章 暮らしと観光の復興

終章 戦後神戸の都市空間とせめぎあい――占領・復興・震災後

〈本書は、第二次世界大戦敗戦後の神戸にあらわれた「闇市」の発生から衰退までの軌跡を辿り、さらに闇市が姿を変えて新たな商業空間として根付くまでの変容過程を描く。〉

 焼跡に出現した「闇市」。市民は自ら復興しなければならなかった。
 港を中心に発展した神戸はハイカラで華やかなイメージがある。しかし、阪神大水害をはじめ数々の水害に見舞われ、大空襲、大震災を経験して、市民はそのたびに立ち上がってきた。戦後の混乱からも。その時代、GHQ占領下の記録・研究が少ないそうだ。

〈本書は、この歴史の空白として抜け落ちた占領下神戸における闇市の具体相と行政による復興策やGHQ占領との相克を、戦後都市に集散した民衆の視点を中心に描き出そうとするものである。〉

 三宮は行政、ビジネス街、ショッピング街、鉄道ターミナル、まさに神戸の中心地。戦争後、「日本一の大闇市場」と呼ばれた「闇市」があったことを覚えている人も少なくなった。JR高架下商店街(元町・神戸駅間)の耐震化工事による立ち退き、三宮東地区再開発、阪急電鉄神戸三宮駅工事、JR三ノ宮駅建て替えなどなど、三宮の様相が変わろうとしている。今、「空白」の歴史を掘り起こしておかなければならない。
 カバー写真は元町駅高架下から東に広がる闇市。

 著者・村上さん企画・監修の展覧会
《GHQと神戸のまち》
2018.11.20(火)~2019.1.6(日) 
デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)2階ライブラリー
休館日:月曜日(祝日開館、翌火曜日休館)、12.291.3
入場無料



(平野)

2018年11月18日日曜日

安吾巷談


 坂口安吾 『安吾巷談』 三田産業(トランスビュー扱い) 
 1600円+税

 神戸に新しい出版社誕生。第一弾は坂口安吾復刊。
 
 

 坂口安吾(19061955年)は新潟市生まれ、東洋大学でインド哲学、梵語、チベット語など語学、アテネ・フランスでフランス文学を学ぶ。31(昭和6)年「風博士」「黒谷村」で牧野信一、島崎藤村らに認められ作家デビュー。46(昭和21)年、「堕落論」で、「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。(中略)堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である」と、戦後の混乱を肯定し、権威や大義名分を批判した。同年、小説「白痴」を発表。太宰治、織田作之助らとともに無頼派と呼ばれ、人気作家になった。

本書は1950(昭和25)年『文藝春秋』に連載した同名コラム(同年12月文藝春秋新社より単行本出版)。麻薬から始まる。織田や田中英光、安吾自身の中毒状態を語るから驚く。続いて、政治家の恋愛、日共批判、競輪、不良人生、ストリップ、公娼・私娼、火事見物、スポーツ、芸術など多方面にわたり批評。「戦後日本社会に蔓延る欺瞞を喝破した、痛快ルポルタージュ。」(帯より)

著名な文学者が登場するところを紹介する。熱海の大火事、伊東に住んでいた安吾は奥さん連れて電車に乗って見物に出かける(取材か)。電車はヤジウマで満員。火元は道路工事作業場、タバコの火がドラム缶に引火した。この土建屋と安吾の縁も語られる。後日、福田恆存も火事見物に行ったと知り、ヤジウマ根性に感服する。ヤジウマ根性といえば小林秀雄。かつて安吾が精神病院に入ったとき(前年東大病院に入院)、小林が見舞いに来た。

……小林が私を見舞ってくれるような、イワレ、インネンは毛頭ないのである。これ実に彼のヤジウマ根性だ。精神病院へとじこめられた文士という動物を見物しておきたかったにすぎないのである。一しょに檻の中で酒をのみ、はじめはお光り様の悪口を云っていたが、酔いが廻るとほめはじめて、どうしても私と入れ代りに檻の中に残った方が適役のような言辞を喋りまくって戻っていった。/ヤジウマ根性というものは、文学者の素質の一つなのである。(後略)〉

 安吾夫妻が伊東に戻ると、石川淳と編集者に遭遇。熱海で焼け出された。石川が火元と反対方向に逃げたと言うので、安吾はヤジウマ根性の稀薄さに呆れる。

(平野)若い読者には事件や社会風俗などわからないこともあるだろうけど、調べて読んで。

2018年11月17日土曜日

幼年画


 原民喜 『[新版] 幼年画』 瀬戸内人 
1800円+税 2016年刊
解説 田中美穂(蟲文庫店主)

 原民喜の初期連作作品に戦後の一作品を加える。幼少期の記憶を丹念に綴る。情景だけでなく、細かい心の内まで覚えている。

雄二(原)は裕福な家庭であたたかく育てられた。気の弱い想像力豊かな少年。庭の木、夜店ののぞきからくり、祭の競馬、父との小旅行、姉の嫁入り、潮干狩り、学校のこと……、親戚の赤ちゃんと弟の死も。

 杏の実が熟れるとお稲荷さんのお祭りが近づく。雄二は昔、家の杏が花を咲かせていたことを思い出す。小学校に上がる前年、泣いてねだった色鉛筆でひとりお絵かき。桜の枝が電信柱になって、雀の卵が杏の実くらい大きくなる、線がはね出して火事になる、舟を描くとそれも火事、消防隊、雨、弾丸……、母に見せる。

〈奇妙な顔をして、母は絵を眺めているので、説明しなきゃわからないらしい。これが舟で、杏で、桜の枝で、地雷火で、杏の実が熟れているところで、雨が降って、そして舟が衝突したから、大戦争になったのだよ。母は頤で頷きながら眼で不審がっている。〉

雄二は絵を持って庭に出る。想像はさらに広がる。杏の樹が蜂に川崎(伯父の家)の杏は熟れたかと尋ねたが、蜂は知らないと答える。杏が笑うと、実が落ちて谷の底にはまる。雄二は谷に橋を架けようと思いつき、納屋に入って木を探す。積み上がった木の上の壁の穴から外を覗くと隣の庭が見えた。金色の毛をした動物が横切った。貂だと思った。向いの酒屋に行き、おばあさんに絵を見せる。貂を見たと言うと、おばあさんは絵の中に黄色い塊を、これが貂でしょうと指差した。それは大砲の弾丸だったが、雄二の頭でも貂になって、おばあさんに絵の説明をする。家に戻ると、次兄が絵を見て勝手に説明して笑う。

杏が花を咲かせていた頃、長兄に連れられて川崎の家に行ったことがある。途中にお稲荷さんがある。兄に教えてもらわなければ見落としたかもしれない。川崎の杏は家の杏より大きく、花を咲かせていた。帰途、黄色の蝶がずっとふたりの前を飛んでいた。
 
〈川崎の庭の杏、もう熟れただろう、と、雄二の家の杏が蝶に尋ねた。ああ、熟れてるよ、と蝶は気軽に返事して風に乗って去った。雄二の家の杏は満足そうに両腕を揺すって、じゃあ今日はお稲荷さんの祭だな、と呟いた。〉
 
 原自身、優しい父母兄姉たち(次兄はちょっと意地悪)に囲まれたが、12歳から13歳にかけて、父がガンで亡くなり、姉も病死する。作品執筆の頃は、最愛の妻が支え、母が亡くなり、妻結核発病、という時期。記憶も現実も美しくて切ない。
(平野)


2018年11月13日火曜日

清水町先生


 小沼丹 『清水町先生 井伏鱒二氏のこと』 
筑摩書房 1992
ちくま文庫 680円+税 976月第1刷(私のは201592刷)



 小沼丹(191896年)、小説家、英文学者。今年は生誕100年で、幻戯書房が未刊行作品集や随筆を出版している。
 小沼が高校時代に愛読する井伏に作品を贈ると、感想のはがきが届いた。大学生になって思い切って荻窪清水町の井伏宅を訪問、師と仰ぐ。
 小沼が朝早く訪ねると、師は原稿を書かないといけないと言う。すぐ帰ろうとすると、まあお茶ぐらいと言われる。師は将棋盤を出してくる。ちょっとだけやろう、から延々。師は「原稿なんて、いいんだ」となる。勝つまでやる、トータルで勝つまで続く。師は体力がある。小沼はふらふらになって帰る。
 小沼は釣りをしないが、師のそばで見学。1尾も釣れないこともある。名人でも釣れないことがあるんですか、と訊く。
――うん、魚には人間を見る眼があるからね、君が傍にゐると寄つて来ない」

旅の思い出、酒、太宰治のことなど、師の人となりをあたたかく語る。
 函、文庫カバーはともに生井巖の描く「むべ」。あけびに似た実ができるそう。師からもらった苗を育てる。師に葉は何枚になったかと訊かれたが、小沼は答えられない。師は嘆かわしいという顔、小沼は憮然。葉は3枚、5枚、7枚と出る、七・五・三でめでたいから植えると教えてくれる。家に帰って見ると4枚葉があった。師に報告すると、「井伏さんは眼をぱちぱちさせた」。
(平野)
 先月単行本を持っているのを忘れて(気づかず)文庫を買ってしまった。単行本も同じ古本屋さんで買ったはず。単行本は古本、文庫は新刊(ここは気に入った新刊書を出版社から直仕入している)。岩波文庫復刊の『井伏詩集』を見つけて、店主と井伏の話。店主が以前井伏宅を探して荻窪を歩き回った話を聞いた。「ほな、ついでにこれも」、と記憶する。どちらも美しい本だからいいではないか。しかし、なあ、と思うオオボケ。
 文庫解説は庄野潤三。
 
 ヨソサマのイベント
 神戸・もとまち古本市
1115日(木)~1216日(日)
10001730(最終日は1600まで)
こうべまちづくり会館1

参加店舗 
おくだ書店 カラト書房神戸北支店 口笛文庫 サンコウ書店 清泉堂倉地書店 トンカ書店 ブックスカルボ

2018年11月6日火曜日

小村雪岱挿繪集


 『小村雪岱挿繪集』 真田幸治編 幻戯書房 3500円+税

 
 雪岱は本の装幀、挿絵、舞台美術、商業広告で活躍した。本書は挿絵に注目。

〈挿絵画家としての小村雪岱。/雪岱の名前が現代にも残る大きな理由の一つが、その挿絵にあることに依存はないのではないか。〝雪岱調〟という言葉で表現されるその画風には、時代が変わっても風化しない強さと美意識がともなっている。〉

 雪岱は泉鏡花に信頼され、多くの装幀を任された。鏡花の文学仲間、久保田万太郎や里見弴らの装幀も手がけた。挿絵も鏡花の縁で、長田幹彦「春の波」(「をとめ」創刊号、千草館、大正5年・1916年)が最初(現在確認できるもの)。昭和初期、新聞連載の時代小説が流行し、邦枝完二、長谷川伸、吉川英治らの作品に描いた。

挿絵は新聞連載他、雑誌も大衆誌から文芸誌、女性誌と、膨大な量。編者は10数年調査・研究を続けた。本書は、初期から「雪岱調」確立期、成熟期まで時代順に構成する。

 表紙カバーの絵は、鈴木彦次郎「両国梶之助」挿絵より。幕末から明治の人気力士をモデルにした小説、「都新聞」(昭和1314年・193839年)連載。鈴木は川端康成ら新感覚派のグループ、後に大衆小説に転じた。

(平野)江戸情緒、凛とした女性、殺陣、雨、川の流れ……、静と動を白黒の線で表現。
 前回紹介の『水の匂いがするようだ』について、書名の説明を忘れている。『黒い雨』も水、魚が重要なモチーフ。8.15、玉音放送が始まるが、主人公重松は用水溝の綺麗な水を遡ってくる鰻の稚魚の群れを見つける。「やあ、のぼるのぼる。水の匂いがするようだ。」